Spring’19の認定資格を更新

Spring’19の認定資格を更新

概要

本記事は、Salesforceに置けるSpring’19のリリース内容について各種認定資格を更新するためのTrailheadで学習したもののサマリとなります。
なお、更新を行ったのは、下記の3つの認定資格となります。
アドミニストレーター認定資格の更新 (Spring’19)
https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/modules/administrator-maintenance-spring19
Platform アプリケーションビルダー認定資格の更新 (Spring ’19)
https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/modules/platform-app-builder-maintenance-spring19
Platform デベロッパー資格の更新 (Spring ’19) https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/modules/platform-developer1-maintenance-spring19

アドミニストレーター

セールスプロセス全体のカスタマイズ

リードと商談のフェーズをカスタマイズできるため、リードがどこでどのように商談に変更されたかを確認できる。

Lightning Experience の結合レポート

最大 5 つのブロックを含めた結合レポートを使用して、さまざまな種類の情報を 1 つのレポートに表示できる。
各ブロックには、1 つの標準レポートタイプまたはカスタムレポートタイプからデータを表示できる。
結合レポートは、複数のレポートタイプをまたがって Salesforce データを分析するのに適している。
1つのオブジェクトの複数のビューを同時に取得することもできる。
Lightning Experience での取引先チームの削除取引先チームのメンバーを一括で削除することができる。

パートナー取引先のリレーションとデータ共有ルールの作成

パートナー取引先間のデータ共有において、取引先データリレーショナル共有ルールを作成して、取引先リレーションで対象レコードと関連づけることで実現できる。取引先リレーションデータ共有ルールは、取引先、取引先責任者、キャンペーン、ケース、リード、商談、注文、カスタムオブジェクトに適用できる。

マクロでの相対日付を使用した正確な日時の設定マクロで設定する

日付で具体的な日付ではなく、実行日から特定の日数が経過した相対日付を指定することできる。

Lightning ページから別のテンプレートへの切り替え

Lightning アプリケーションビルダーで Lightning ページのプロパティを表示するときに、[テンプレート] 項目の横にある [変更] からできる。

アプリケーションビルダー

Flow Builder を使用したより直感的なフローの作成

クラウドフローデザイナから大幅にUIが改善されたFlowビルダーで作成できるようになった。Flowビルダーでは、Adobe Flashをインストールする必要がない。

Lightning Web コンポーネントの作成

Lightning Web コンポーネントと Aura コンポーネント (元のモデル) の 2 つのプログラミングモデルを使用して、Lightning コンポーネントを作成できるようになった。Lightning Web コンポーネントは、HTML と最新の JavaScript を使用して作成されたカスタム HTML 要素である。Lightning Web コンポーネントと Aura コンポーネントは 1 つのページで共存および相互運用できる。どちらも Lightning コンポーネントとしてシステム管理者やエンドユーザに表示されます。現時点では、開発者コンソールで作成、編集することはできず、Salesforce CLIによりデプロイする必要がある。 VSCodeのExtensionを使うと良い。

リッチテキストコンポーネントは Quill テキストエディタを使用

リッチテキストコンポーネントは Quill テキストエディタを使用リッチテキストコンポーネントが Lightning Locker とスムーズに連携するように、テキストエディタを CKEditor から Quill に変更となった。
CKEditor・・・WYSIWYG※1の一種で、ワードのような操作でHTMLが記述できるツールである。※1What You See Is What You Get(見たままが得られる)Quill・・・オープンソースのWYSIWYGエディタで、JavaScriptで作られていて、Webサイト上で手軽にWYSIWYG対応のテキスト編集機能を提供することができる。

標準およびカスタムユーザ権限に基づくコンポーネントの表示の設定ページを表示する

ユーザの権限を基にコンポーネントの表示条件を設定して、Lightning ページをより動的にすることができるようになった。

デベロッパー

Auth.VerificationResultクラスSystem.UserManagement.verifySelfRegistration メソッドの結果を保存する。このメソッドは、独自の検証ページを作成したときに呼び出す検証の結果を返す。ユーザが正常に作成された場合、検証状況とセッション ID が含まれる。

System.OrgLimitクラス
インスタンスの名前、現在の値、および最大制限を返すメソッドが含まれます。
getName() – 制限の名前を返す。
getValue() – 使用制限値を返す。
getLimit() – 制限の最大値を返す。

System.OrgLimits クラス
すべての組織制限のリスト、またはすべての組織制限の名前と値の対応付けが含まれる。
getAll() – OrgLimit インスタンスのリストを返す。
getMap() – すべての OrgLimit インスタンスと制限名の対応付けをキーとして返す。

AppLauncher.LoginFormController クラス
loginGetPageRefUrl(username, password, startUrl)メソッド
このメソッドは、特定のユーザ名とパスワードを使用してユーザをログインする。Lightning 環境でログインに成功した場合、ユーザは startUrl で指定されたページにリダイレクトされます。非 Lightning 環境では、メソッドによって返される startUrl を使用してリダイレクトをプログラムする。ログインに失敗すると、エラー文字列が返される。

Auth.AuthConfiguration クラス
getCertificateLoginEnabled(domainUrl)メソッド
証明書ベースの認証が [私のドメイン] の URL で有効になっている場合、true を返す。
getCertificateLoginUrl(domainUrl, startUrl)メソッド
組織で証明書ベースの認証が有効になっている場合、[私のドメイン] の URL の証明書ベースの認証エンドポイントを返す。

Auth.SessionManagement クラス
finishLoginDiscovery(method, userId)メソッド
[私のドメイン] のログイン検出ログインプロセスを完了する。

System.SObject クラス
isSet(fieldName)メソッド
クエリ対象の sObject 項目に関する情報を返す。sObject 項目が直接割り当てか SOQL クエリへの追加によって入力されている場合、true を返す。sObject 項目が設定されていない場合、false を返します。無効な項目が指定されている場合、SObjectException が発生する。
isSet(field)メソッド
クエリ対象の sObject 項目に関する情報を返す。sObject 項目が直接割り当てか SOQL クエリへの追加によって入力されている場合、true を返す。sObject 項目が設定されていない場合、false を返します。無効な項目が指定されている場合、SObjectException が発生する。

System.UserManagement クラス
initSelfRegistration(method, user)メソッド
コミュニティセルフ登録用の独自の検証ページを作成するときに、このメソッドを使用して検証を呼び出す。
sendAsyncEmailConfirmation(userId, emailTemplateId, networkId, startUrl)メソッド
ユーザのメールアドレスに検証用のメールメッセージを送信する。このメッセージには、ユーザが後でメールアドレスを検証するためにクリックする検証リンク (URL) が含まれます。メール検証を一括で送信できる。
verifySelfRegistration(method, identifier, code, startUrl)メソッド
コミュニティセルフ登録用の独自の検証ページを作成するときに、このメソッドを使用して検証を完了する。登録を行っている人が検証コードを正常に入力すると、ユーザが作成されてログインされる。

System.Test クラス
stopTest()メソッドレコード変更プロセスとイベントプロセス (プロセスビルダーで作成) のスケジュール済みアクションを実行し、時間ベースの再開イベントを待機しているフローを再開します。

System.String クラス
format(stringToFormat, formattingArguments)メソッドformattingArguments パラメータ種別は、パラメータとして非文字列オブジェクトを許可するために List<String> の代わりに List<Object> を使用するようになった。第 1 引数をパターンとして扱い、第 2 引数を置換および形式設定に使用して文字列を返す。この置換および形式設定は、apex:outputText および Java MessageFormat クラスと同じ方法である。第 2 引数の List の非文字列型は、その型に存在する toString() メソッド上書きを適用して暗黙的に文字列に変換される。

Auth.LoginDiscoveryMethod 列挙
ユーザの ID の検証に使用するメソッドが含まれる。
Auth.DiscoveryCustomErrorException 例外この例外を発生させて、MyDomainLoginDiscoveryHandler、LoginDiscoveryHandler、および ConfigurableSelfRegHandler に表示するエラーメッセージをカスタマイズする。

Auth.MyDomainLoginDiscoveryHandler インターフェース
インタビューベース (2 ステップ) のログインプロセスである、[私のドメイン] のログイン検出ページを実装するために使用するハンドラ。まず、メールアドレスや電話番号などの一意の識別子をユーザに要求する。次に、このハンドラがユーザの認証方法を決定 (検出) する。ユーザはパスワードを入力するか、ID プロバイダのログインページにリダイレクトされる。
login(identifier, startUrl, requestAttributes)メソッド
メールや電話番号などの一意の識別子が指定された Salesforceユーザのログインを行う。成功した場合、開始 URL で指定されたページにユーザをリダイレクトする。

予期しない例外に関する情報の取得

EventLogFile オブジェクトの新しい Apex の予期しない例外イベント種別は、Apex コード実行での予期しない例外に関する情報を取得する。

Sandbox のコピーによる時間の節約

Sandboxを本番からではなく、既存のSandboxを元に作成できるようになった。

カスタムメタデータ: カスタムメタデータ型を使用したデフォルト項目値の設定

デフォルト値でカスタムメタデータ型レコードを参照し、項目の更新を簡略化することができるようになった。デフォルト項目値が変更された場合、複数の項目参照を更新する代わりに、カスタムメタデータ型で更新できる。

SOQL クエリの項目レベルセキュリティ権限の適用 (ベータ)

WITH SECURITY_ENFORCED 句を使用して、SOQL SELECT クエリ (サブクエリとクロスオブジェクトリレーションを含む) の項目レベルおよびオブジェクトレベルのセキュリティ権限を確認できるようになった。
(例)
SELECT Id, (SELECT LastName FROM Contacts),   
(SELECT Description FROM Opportunities)   
FROM Account WITH SECURITY_ENFORCED

まとめ

更新期限は、2019年8月23日までなのでみなさまお早めに。
私もあとSharing&Visibilityも忘れずにやらないと。

参考

Spring ’19 Release Highlights
https://trailhead.salesforce.com/en/content/learn/modules/spring-19-release-highlights

Salesforce Spring ’19 Release Notes
https://releasenotes.docs.salesforce.com/en-us/spring19/release-notes/salesforce_release_notes.htm